企業で働く薬剤師の職種や業務内容の分類

薬剤師の資格を活かして働く職場には、調剤薬局やドラッグストア、病院の薬剤部などの他に、企業で働くと言う選択肢があります。国家資格であり専門的な知識や技術を必用とする薬剤師は、企業であってもその専門性を評価され専門的な業務を担っています。実際に企業で働く場合には、薬剤師と言う肩書きばかりではありません。多くが他の肩書きとなっています。それは企業の事業内容や組織の枠組みが、薬局や病院での薬剤師と言う確立された業務ではないためです。

薬剤師の方が薬剤師資格を活かして働く企業には、製薬会社や治験・臨床検査関連企業などがあります。製薬会社はその名の通り、薬の研究開発・製造・販売をする会社です。治験・臨床検査関連企業は、製薬会社から治験や臨床検査を外部委託している企業です。どちらも医薬品に関わる業務をおこない、販売先は薬局や病院ですし、臨床検査の協力を依頼するのは病院になります。

よって企業に勤務していると言っても、薬剤師として働いて来た薬局や病院との関わりや、薬学に関しての知識が求められるのです。薬剤師として薬局や病院で経験を積まれた薬剤師さんが、企業への転職を希望するということは、薬剤師さん側にとっても、製薬会社や治験企業などにとっても望ましい事なのです。また薬学部を卒業し、薬剤師資格を取得している方が新卒で製薬会社勤務を希望する場合があります。この場合は、営業部門などで薬学の知識をもって営業活動するというケースがみられます。

薬剤師の方が製薬会社で働く場合、いくつかの所属部門の選択肢があります。まず製造部門の管理薬剤師です。これは医薬品を製造する過程で製品の品質チェックを行う業務で、管理薬剤師の承認が得られなければ、製品として流通出来ないという仕組みになっています。製造会社の管理薬剤師の配置は法律で義務付けられています。

医薬品の製造開発部門では、治験コーディネーターや臨床開発モニターが必要になります。製薬会社内や治験・臨床試験企業に配置されます。臨床試験がスムーズに行われるようなコーディネーターとして、臨床試験のモニタリングを行う役割として働きます。これらの職も薬剤師資格を活かして働ける職種になります。医薬品関する情報を処理し分析する、DI業務。製薬会社の営業として医薬品の専門的な知識で持って病院や薬局に自社製品を営業する、MRという医薬情報担当者も薬剤師の資格を活かせる職種になります。

企業に転職したい場合は薬剤師転職サイトの利用が必須です。最新ランキングでは、大手リクルートグループが運営するリクナビ薬剤師がその実績を評価され1位を獲得していますのでまず登録してみましょう。

>>企業の求人を多数保有する「リクナビ薬剤師」に無料登録をする<<

企業の薬剤師求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • 人材派遣企業の大手リクルートの運営する、薬剤師専用求人サイト「リクナビ薬剤師」。
  • ・利用した薬剤師の97.3%もの方が、希望の転職に成功するという高い実績を誇っています。
  • ・非公開求人も多数保有しており、非公開求人の数は全保有数の約75%です。
  • 企業系薬剤師求人の募集傾向とされている非公開求人も多数保有する頼もしい求人サイト。
  • 初めて企業への転職を考えている方、ブランクのある方も安心して活用する事ができます。
  • ・キャリアアップ支援、家庭や育児との両立、残業無しや近くの企業等プライベートを
     充実させたい様々なご希望にあわせ、企業系薬剤師求人をご提供します。
  • ・簡単無料登録で、あなただけの非公開求人を、専任のアドバイザーがお探しします。

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • ・多くの人材サービスを提供しているマイナビ運営の薬剤師転職サイト「マイナビ薬剤師」
  • ・薬剤師転職の満足度はなんと94.6%!利用者の多くが満足のゆく薬剤師転職をしています。
  • 各エリア地域を網羅した企業系薬剤師求人を取り扱うので働きたいエリアの求人を提供。
  • ・企業系求人の採用傾向である非公開求人も、好条件のものを多数取り扱っています。
  • ・企業に従事する薬剤師さんの職場状況を把握。実際の職場の状況を提供します。
  • ・またマイナビ薬剤師の強みは何と言っても、コンサルタントの対応力にあります。
  • ・最良の企業薬剤師転職となるよう最良な職場を紹介。面接調整、同行、条件交渉も対応。

詳細はこちら

ヤクステ

ヤクステ
  • 業界トップクラスの利用者数を誇る薬剤師の就職・転職サイトが、「ヤクステ」。
  • ・企業系薬剤師転職の本当の転職満足度を追求したい薬剤師様に最適のサービスを提供。
  • ヤクステから転職された薬剤師様の2010年度1年以内の離職率はなんと1%未満でした。
  • ・薬剤師転職のマッチングの高さが自慢。企業系薬剤師転職で高いマッチングをご提供。
  • ヤクステのみに委託されている完全なる非公開求人を多数保有しています。
  • ・急いで企業に転職したい、じっくり選んで決めたい、どちらの方もお気軽にご相談下さい。
  • 企業薬剤師として転職したあとも、気持ちよく働いて頂けるように安心のサポートを徹底

詳細はこちら

企業で働く薬剤師の転職市場の近況は?

企業で働く薬剤師の転職事情に関しては、新卒薬剤師が配属されるのは営業部が多く、研究職に就職出来るのはごく一部です。また営業職は薬剤師以外の資格保有者や他の学部を選考していた学生にも門戸が開けられています。

製薬会社に転職する多くの薬剤師さんは、最低でも3年程の薬剤師経験を薬局や病院で経てから転職活動するという傾向があります。これは採用する製薬会社に、薬剤師資格と薬剤師の実戦経験があるということをアピールする事で、採用の確立がアップするためとも言われています。また最初は薬局や病院薬剤師として働こうと決めていた方が、実際に働き、企業薬剤師の存在を知り、転職をするというケースもあります。

企業でMRや治験コーディネーターをする時、関わるのは医療機関ですし、営業するのは薬剤師を初めとした医療スタッフです。そうなると薬局や医療機関での勤務経験が活かせるということになるのです。医療機関での薬剤師経験者を欲する傾向が企業側にもありますからアピールポイントになりますし、給与待遇面でも優遇される確立が高まると言われています。

2012年新卒の6年制薬剤師が3年程、薬局や病院で薬剤師経験を積んでいよいよ企業への転職が本格化してくるのが、2015年からと言われています。そうなると企業へ転職する薬剤師さんは、2015年前に転職活動をするほうが有利ということになりますね。

企業への薬剤師転職で求人サイトを使う方が良い理由

薬剤師の方が転職しようとする際、インターネットの求人サイトで求人情報を得るという事が一般的になってきました。求人サイトには、薬剤師に特化した求人情報を専門に扱うサイトも登場し、より薬剤師の仕事を深く理解する事で、希望にマッチした転職情報を見つけられるようになりました。また薬剤師の転職分野も、薬局や病院に留まらず、企業への転職等、多岐に渡っている事に、求人サイトはいち早く対応しています。

薬剤師資格を持つ方の採用を希望する企業側も、こうした薬剤師専門の求人サイトにいらいすることで、希望にマッチした人材をタイミングよく確保出来ているという実状があります。企業で働く薬剤師の仕事には、製薬会社の研究開発職、製造部門の管理薬剤師、治験コーディネーター、臨床開発モニター、MRなどがあります。各部門によって求められる人材は異なります。そうした企業の各部門毎の雇用人材の特徴や、企業毎の採用傾向、採用担当者の意向などを、事前に良く理解しているのが、仲介する求人サイトです。

求人サイトでは、専任のキャリアコンサルタントが転職希望の薬剤師さんを担当するケースが多く、転職の悩みや希望等あらゆる事柄を事前に相談出来るシステムとなっています。ただ友人や家族に転職の相談をするのでは、やはり専門性に欠けますし、気分転換にはなりますが、実際に転職が成功すると言う保障はどこにもありません。しかしキャリアコンサルタントへの相談は直接転職活動の前進に繋がります。どのようや企業があなたには向いているのか、また具体的な求人情報はどれなのか、的確にサポートしてもらう事が出来るでしょう。

求人サイトは登録する薬剤師さんには一切費用が発生しない仕組みを取っています。雇用を希望する企業側との提携により、企業と求人サイトの間に発生する費用で事業運営がまかなわれているのです。ですから安心してサポートを受ける事が可能です。企業の薬剤師資格を活かした職種の求人は不定期に発生し、採用人数も少なく、非常に確立が低い傾向にあります。また企業側も希望時期に希望の人材を確保したいことから、非公開求人になる場合があります。求人サイトに登録することで、非公開求人の紹介チャンスに恵まれます。

多忙でも転職へのパワーを落とさず活動出来るでしょう。あなたのキャリアや希望、求人企業側の状況を把握し、よりよい就業条件になるように代理交渉してくれるメリットもあります。是非登録してみましょう。


>>薬剤師の転職サイトで圧倒的な人気No.1!リクルート運営の「リクナビ薬剤師」<<