薬剤師求人企業トップページ > 治験コーディネーター

治験コーディネーター

製薬剤師の資格と経験を活かして企業で働く職種に治験コーディネーターという職種があります。別名Clinical Research Cordinator クリニカル・リサーチ・コーディネーターと欧米で用いられる呼称を略して、CRCと呼ばれています。治験を実施するにあたり、協力する病院や、被験者、モニタリング担当者等の関係者のサポートをします。所属する治験会社や製薬会社での業務とのパイプ役もこなす、治験を円滑にすすめる為のコーディネート職であり、新薬開発の一端を、治験コーディネートによって支える専門職です。

治験コーディネーターそのものの資格は存在しません。しかし治験という高度で専門的な分野である事、医薬分野である事等から、薬剤師をはじめ、看護師、臨床検査技師等の医療系資格保有者や、医療現場の経験者が求められています。所属しているのは企業であっても、活動するのは病院等の医療機関です。医療現場を理解し、あらゆる角度から配慮が出来る素養が、治験コーディネーターには必用になってきます。

とりわけ薬剤師資格を持つ方や薬剤師経験のある方は、薬剤全般の名称や用法、作用等の知識を持っていますので、治験する新薬の製品概要、治験の意図などの把握がしやすいのです。また病院の薬剤部等に勤務経験のある方であれば、治験協力者の薬剤部薬剤師との連携を円滑に取る事が可能になります。

薬剤師の経験や知識が治験コーディネーターに即戦力となって活かされるということは当然です。もうひとつ治験コーディネーターに必用な素地は、コミュニケーション能力の高さです。非常に多くの異なる立場の人と連携を取りながらすすめるのが治験業務です。そのためそれぞれの方の立場を理解し、優先順位を立て、芯の目的を見失わないように、コミュニケーションを取る力が必用になります。調剤薬局等で服薬指導経験のある方は、そうした接客経験が活かされるでしょう。

思い描いた通りに治験が進行するというのは皆無に等しい事です。過程で問題が生じた時に、問題の本質を捉え的確に対処する、問題解決能力の高さや臨機応変に対応する柔軟性も必用になります。治験に関わる人々を調整し、治験成功に向けてチームをまとめてゆく調整力も求められます。またコンピューター処理等、事務処理に必用な基本的なコンピューター操作が必用になります。必用な書類や報告書の作成、経理処理等の仕事も発生します。給与相場は経験によって差があり、初年度で年収400〜600万円程と言われています。

>> TOPページで企業の薬剤師求人に強いサイトランキングをチェック!