薬剤師求人企業トップページ > DI業務(Drug Information)

DI業務(Drug Information)

DI業務は治験や臨床試験によって回収された症例報告書を管理する職種です。また大手製薬会社のお客様相談室に所属して、医師や薬剤師そして一般のお客様に正確な医薬品情報の提供をする業務に関してもDI業務とされています。薬剤師資格がなくても就業出来る職種ではありますが、医薬に関する知識が必用になる事から、薬剤師資格の持つ方が採用に優位に働く傾向があります。

医療機関の薬剤部や製薬会社の学術部・お客様相談室にDIを配置しています。したがって企業内のDIを目指す場合、製薬会社に勤務する事になります。またDI業務を請け負う受託機関の所属DIとして派遣されるケースがあります。勤務形態は、一般企業の場合ですと、就業規定の時間内勤務ですので平日日勤となります。休みも定期的にありますので、規則正しく健全に働く事が出来るでしょう。

DI業務に必用とされる条件は、医薬の知識や事務処理能力、情報処理能力、情報把握能力など多岐に渡りますが、最も重要な条件の一つにコミュニケーション能力があります。一般のお客様をはじめ様々な立場の方とコミュニケーションを取らなければならないからです。しかも的確に会社の一員として礼節のある会話をするということは一つの技術です。

DI業務未経験の方でも、そうでない方でも、入職すると一定期間の研修をおこなう企業が多く見受けられます。これは社会人としてのマナーを身につけるチャンスでもあります。人との専門的なコミュニケーションを取る職業ですので、調剤薬局での服薬指導やMR業務での営業活動などで培った、会話術が活かされるでしょう。

DI業務の収入面はと言うと、年収350〜600万円といわれており、就業条件やスキルによって大きな開きがあります。未経験ではじめた、お客様相談室の派遣のDI業務と、大手製薬企業の学術部に所属する経験豊富なDI業務とでは、給与にも差が生じるということですね。

日々多くの新薬が発売され、既存の医薬品に関しても別の効能や副作用等さまざまな情報が追加されてゆきます。そうした医薬新情報の新たな情報を吸収し、常に正確な情報を提供しなければならないのが、DI業務です。そのため、定期的な勉強会や研修会を受ける事は勿論、自分自身でも日々医薬品に関する知識の習得をしなければなりません。お客様との会話の中にも、学ぶべきコミュニケーションスキルがあります。医薬の専門知識の蓄積、コミュニケーション能力の向上など、日々進化を求められる職種といえるでしょう。

>> TOPページで企業の薬剤師求人に強いサイトランキングをチェック!