薬剤師求人企業トップページ > 薬剤師のGMP管理業務の求人

薬剤師のGMP管理業務の求人

GMPとは医薬品の製造と品質管理に関する国際基準のことです。正式にはGoodManufacturingPracticeと言います。1968年にWHO(世界保健機構)が制定しました。製薬会社はGMPに従って医薬品を作っています。すべての患者さんが安心して薬を使えるようにするための基準というべきものです。製薬会社の工場では薬剤師がそこで作られている薬がこの基準に合っているかどうかを調べています。このタイプの仕事が薬剤師のGMP管理業務の求人です。関連する知識や分析業務、菌試験、試験成績書作成などの経験があれば優遇されますが、未経験者でも応募できる場合があります。このタイプの仕事の募集の数は少ないですが、常時求人があります。

GMP管理業務の仕事の年収は400万円から500万円で普通の薬剤師の仕事の年収と同じ水準にあります。ただし外資系企業で働いた場合は給与が高くなります。30代後半の年収で900万円前後から1000万円近くの年収を得ることも可能で、40代になると1000万円台の年収が多くなります。勤務時間は朝から夕方までというところが多くなっています。病院や一部の薬局のようにシフト制が採られ、夜勤や残業が多いところは少ないです。募集が行われるのは都市部で多く、地方でも多少の求人があります。英語の能力を求めるところが増えています。外資系の製薬会社でこのタイプの求人に応募するには、英語能力が必須の条件です。一般の薬局で働いていた方がこのタイプの仕事に転職することは比較的少ないです。前職は製薬会社の研究職や品質管理、品質保証の仕事をしていた方が非常に多くなっています。

普通の薬剤師からこのタイプの仕事に転職した方もいます。そういった場合は放射線取扱主任者資格のような関連資格や英会話の能力、コミュニケーションのスキルやモチベーションの高さを面接で示すことによって転職に成功することが多いです。一般的な求人の傾向としては、品質管理や品質保証の仕事の経験があり、薬剤師の資格を持っていれば採用に前向きな企業が多いです。外資系企業の募集が増えているのですが、国内の企業も求人を行っています。

GMP管理業務の求人は大手の薬剤師の転職サイトが得意にしています。求人の保有数が特に多いマイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師に登録して探しましょう。こういったサイトは非公開求人も持っています。条件が良いので応募の殺到を防ぐためにネット上に情報が公開されません。外資系の仕事は給与が高いので非公開になることが多いです。上記の2つのサイトは多くの非公開求人を持っていることで有名です。

>> TOPページで企業の薬剤師求人に強いサイトランキングをチェック!