薬剤師求人企業トップページ > 薬剤師の開発職の求人

薬剤師の開発職の求人

薬剤師の開発職の仕事は新薬の臨床試験を実施するものです。新薬の安全性や有効性を調査するために製薬会社は臨床試験を行わなければなりません。そこで開発職の人がそれを行う計画を立てて、引き受けてくれる病院を探します。研究の仕事と異なって全国を飛び回ることがあります。新薬開発の研究者と臨床試験を行う医師の仲介をする仕事だと言えるでしょう。薬剤師としての経験や薬の知識を生かすことができます。ただし調剤や投薬といった仕事からは遠ざかってしまいます。この仕事の一番のやりがいは新薬誕生の場に立ち会えることでしょう。新しく開発された薬が病気で苦しんでいる患者さんに役立てば、さらに喜びが大きくなります。

国際化の時代を反映して海外向けの開発職もあります。こちらの場合は海外に向けた薬の輸出の手続きを担当します。海外で開発した薬を日本で販売するための申請業務を行うこともあります。日本や海外の消費者調査、市場データーをもとに新しい消費者ニーズを探すことも仕事の1つです。開発職として働く場合は薬事申請業務経験や薬の開発経験が求められます。学歴も重要です。薬学に関係した大学院を卒業していたら、採用の時に有利になることがあります。博士号を取得していればさらに有利ですが、修士でも構わないところもあります。外資系や海外向けの仕事だったら、コミュニケーションレベルの英語力も必要です。

このタイプの仕事をするときに一番重視されるのは経験です。薬事申請業務や薬品の開発の経験がなかったら、就職したり転職するのは難しいかもしれません。求人の数もそれほど多くありません。薬剤師として病院や調剤薬局で働いていた経験をお持ちの方より、製薬会社で働いていた方に向いている仕事と言えるかもしれません。

治験コーディネーターという仕事があります。これは開発職と病院の間に立つ仕事です。全国で幅広く求人があります。薬事申請業務経験や薬の開発経験がなくても採用されます。治験コーディネーターとして経験を積めば、開発職に採用される可能性があるかもしれません。2つの仕事は深いつながりがあります。治験コーディネーターも各地の病院を方法する仕事なので、それを続けていれば病院の先生とのつながりもできるでしょう。薬剤師やコーディネーターとしての経験や病院とのコネを採用の時にアピールすれば、このタイプの仕事に応募する際に有利になります。求人情報の収集も重要なので、マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師といったサイトに登録してみましょう。

>> TOPページで企業の薬剤師求人に強いサイトランキングをチェック!