薬剤師求人企業トップページ > 薬剤師の講師の求人

薬剤師の講師の求人

講師の求人はやや特殊な例ですが、各地で募集されています。薬剤師としての知識を生かして、それを生徒さんに教えるものです。登録販売者養成講座で医薬品に関して教える仕事や勉強会の講師として教える仕事などがあります。薬に関するセミナーに出講する例もあります。この種の仕事は2つの働き方があります。講師の仕事をメインにする場合と薬剤師本来の仕事をしながら、教える仕事もする場合です。前者の場合は正社員として雇われることは少ないです。契約社員かアルバイト、パートとして働きます。勤務時間が短いことが多いので(3時間から4時間程度)、ダブルワークすることも可能です。

上記の登録販売者養成講座の他に、医療福祉環境アドバイザー講座や医療事務講座などで教えることもあります。実務的なことからは離れますが、薬剤師国家試験対策の講師として働くこともあります。この場合は家庭教師という形態になります。薬剤師免許が応募の際の必須の資格になります。薬剤師としての経験がなくても、国家試験に合格していれば応募できます。週1回から可能なので、この仕事もダブルワークできます。教える時間のスケジュールは調節できます。1日1時間でも構いません。指導経験のない方は研修を受けてから教えることができます。首都圏を中心とした仕事です。

教える仕事は薬剤師の仕事とは異なるものです。医学の知識や薬の知識以外に教える技術やコミュニケーションのスキル、生徒さんの能力を引き出す力が必要になります。資格講座の場合だったら、その資格に関する知識も身につけておかなければなりません。薬や医学の知識はどんな方でもお持ちだと思いますが、それを人に教えるのは難しい面もあります。薬剤師として患者さんに薬のことをわかりやすく説明する技術を応用すれば、講師として働く時に役に立つでしょう。

この種の求人の数は比較的多いです。日本全国で募集されています。ただしこの仕事だけで生計を立てるのは難しいことが多いので、ダブルワークの1つとして選択するのが好ましいです。お金を稼ぐ仕事というより社会に貢献する仕事と言えるかもしれません。現役の薬剤師の方が教える知識は重みがあり、生徒さんたちに歓迎されるでしょう。このタイプの仕事を探す時は転職サイトが役に立ちます。マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師といった求人数が多いところに登録して探してみましょう。キャリアコンサルタントのサポートを受けながら探せば、容易に見つかることが多いです。

>> TOPページで企業の薬剤師求人に強いサイトランキングをチェック!