薬剤師求人企業トップページ > 薬剤師の市販後調査の求人

薬剤師の市販後調査の求人

薬剤師の市販後調査は新薬の影響を調べる仕事です。薬は厳重な臨床試験の後に使われるようになりますが、思わぬ副作用が出てくることもあります。特に病気を持った患者さんが新しい薬を使うと、臨床試験の時には予想もできなかった効果や副作用が見つかることがあるので素早く対応しなければなりません。臨床試験を受けられるのは原則として健康な成人の方です。子供や妊婦、高齢者に対する新しい薬の効能は臨床試験ではわからないので、広く使われるようになった後の効能を調べておく必要が出てきます。この仕事は海外の情報を収集したり、分析することがあります。海外で使われている薬の副作用や効能を文書やインターネットを使って調査します。海外のことを調べる仕事ではビジネスレベルの英語力が要求されます。

市販後調査だけを担当する仕事は少ないです。それと並行して、管理薬剤師業務、DI業務、MRの教育や研修業務、医療機関で行う説明会の補助(資料作成など)を行うことが多いです。これらの仕事の経験があれば採用時にさらに有利になりますが、未経験者可としている企業もあります。薬や医学の知識の他に、データーを分析してそれをまとめる仕事やアンケートなどの調査をスムーズに行うリサーチのスキルが求められます。製薬会社の学術の仕事に近い内容です。学術という名称で募集されることもあります。

このタイプの仕事の年収は400万円から700万円程度です。未経験の方だったら年収は400万円台からスタートすることが多いです。普通の薬剤師の年収より低いですが、休日日数も多くて勤務時間も規則的なので働きやすい仕事だと言えるでしょう。週休2日制の企業がほとんどで、残業も少なめです。唯一大変な仕事は調査のための出張です。新卒の採用は少なくて、薬剤師や看護師の経験のある方が採用されることが多いです。求人の数はそれほど多くありません。都市部にある会社の募集が多いですが、地方で募集が行われることもあります。

市販後調査の仕事には薬の知識だけではなく、コミュニケーションのスキルやマネジメントのスキルも求められます。いろいろな人と会うことになるので、優れたコミュニケーションスキルを持つ方は採用の時に有利になるでしょう。このタイプの仕事を探す時は専門の転職サイトが役立ちます。マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師といったサイトに登録して、関連の情報を素早く集めましょう。非公開求人になることも多いので、非公開求人の数が多いサイトを見つけることが大切です。

>> TOPページで企業の薬剤師求人に強いサイトランキングをチェック!