薬剤師求人企業トップページ > 薬剤師の薬事申請の求人

薬剤師の薬事申請の求人

製薬会社が開発した新しい薬が使われるには厚生労働省の許可を得なければなりません。それが薬事申請の仕事です。その薬の安全性や有効性を科学的かつ論理的に示す書類を作成して提出します。臨床試験の結果や薬の原材料の適合性、製造のプロセスにおける品質管理や品質保証といったさまざまな要素を1つにまとめ上げる緻密な仕事になります。外資系の企業でもこの種の仕事の求人があります。外資系の仕事の場合は英語で薬品について書かれたさまざまな文書を読むことが必要になります。薬剤師としての薬の知識だけではなく薬事法関連の知識、語学力などが必要になる専門的な仕事です。毎年多くの薬が開発されているのでこの仕事の求人は多いですが、仕事の性質から地方での求人は少なくなっています。

薬事申請の仕事は正社員という形態をとることが多く、パートやアルバイト、派遣社員は少なくなっています。年収は400万円から1000万円程度です。国内企業よりも外資系企業のほうが年収が高くなる傾向にあります。外資系なら年収1500万円程度のところもあり、給与面は普通の薬剤師より恵まれています。薬剤師の資格が必須条件ですが、その他に医薬品、医薬部外品、化粧品の薬事申請業務の経験を持つ方が優遇されます。医薬品、医薬部外品などの開発の経験を求めるところもあります。

勤務時間の規則的な企業が多いです。朝から仕事が始まり、夕方には終わります。病院やドラッグストアのように残業や夜勤があるところは少ないです。社内で英語を使うところが増えているので英語力を身につけたほうが採用されやすいです。日常の会話ができるレベルでは不十分で、英語を使って仕事ができるレベルが求められています。この種の仕事を行う多くの企業が完全週休2日制を導入しています。育児休暇を取れる企業がほとんどなので、女性の薬剤師の方でも働くことが可能です。

薬事申請の求人を探す時は薬剤師の転職サイトを活用しましょう。転職に有利になるサポートを受けられます。サポートを受けるのにお金は必要ありません。登録も無料です。転職や就職の時は履歴書の書き方や面接の受け方が問題になりますが、転職サイトに登録すると有益なアドバイスを受けることができます。例えば英文の履歴書の書き方や英語での面接の受け方なども転職サイトのキャリアコンサルタントが教えてくれます。さらに給与などの条件交渉も依頼できます。転職サイトとして実績を積んでいるのはマイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師といった大手サイトです。

>> TOPページで企業の薬剤師求人に強いサイトランキングをチェック!